内臓脂肪ダイエット

内臓脂肪が危険なワケは?

皮下脂肪とは皮膚の下に溜まった脂肪のことですが、内臓脂肪は内臓と筋肉の間にある脂肪を差します。内臓脂肪が過剰に蓄積されると、体に悪い影響を及ぼします。内臓脂肪は、社会問題にもなっている生活習慣病にかかるリスクを高めるのです。
内臓脂肪が気になる方は、ダイエットに取り組み、早目に改善することをおすすめします。
溜まった内臓脂肪を放置しておくと、体の中では悪性物質が作りだされます。生活習慣病の一つである糖尿病を引き起こす物質も内臓脂肪が作ります。悪性細胞には効果的ですが、糖尿病にかかるリスクが高まりますから注意が必要です。

 

生活習慣病を患っている方は、女性よりも男性の方が多いですね。これは、女性の体には皮下脂肪がつきやすいのに対して、男性の体には内臓脂肪が多いという違いがあるからです。内臓脂肪型肥満と呼ばれる体質の方は、特に生活習慣病予防に努めなければなりません。
メタボリックシンドロームという言葉は有名ですが、メタボと指摘された中高年男性には内臓脂肪が多く蓄積されています。
ただ、内臓脂肪と皮下脂肪の違いは、外から見ただけでは区別が難しいでしょう。内臓脂肪と判断するには、ウエストのサイズを目安にする方法があります。男性の場合、ウエスト周りが85cmを超えた場合は、内臓型肥満と見ることができます。非常に危険な状態ですから、早目にダイエットを始めましょう。
内臓脂肪を減らすには断食ダイエットを取り入れ食事の量をコントロールすることも大事です。
皮下脂肪は指で簡単につまめますが、皮下脂肪が少なくても内臓脂肪が多いというケースはよくあります。健康診断でメタボを指摘されたことでダイエットを考える方は多いでしょう。美容のために実践するダイエットとは異なり、内臓脂肪を減らすためのダイエットは病気を予防する上で必要不可欠です。メタボ解消を目指して、ダイエットを始めましょう。